福岡で10年間で利益500~1000万円を目指す「初めての不動産投資」

お客様とのお約束 お客様とのお約束

お客様とのお約束

Promise

1

強引な案内なし!

ご希望に沿わない物件の強引な案内は一切行いません。
お客様満足度97%&管理物件解約率0%(売買による管理移管除く)

2

一貫サポート!

物件のご紹介から管理まで一貫してサポートするため、物件管理が可能な福岡市近郊の物件のみをご紹介いたします

3

電話営業なし!

お客様の意思でセミナー参加や無料の面談へお申し込みいただくために、資料請求などをされた方にしつこい電話営業などを行いません

お客様とのお約束

こんなことを
お考えの方へ

こんなことをお考えの方へ
  • 自己資産を有効に運用して
    資産を増やしたい
  • 労働収入以外の収入を増やして、
    老後資金を蓄えたい
  • 銀行の預貯金や国債は手堅いが、
    利子が低く資産が増えない
  • 株はリスクも高く
    手間や時間がかかる
  • 投資信託は会社選びが難しい
    (選び方を間違えると大損する可能性も…)
  • 不動産投資は
    空室リスクが怖い
矢印
2Line2

の不動産投資でご案内

空室リスクを抑えて
利回り7〜10%
を目指す不動産投資

こんな方へオススメです

銀行預金や国債などの低金利投資よりも
高い利回りをご希望の方へ

株やFXなど、自分の手間や時間
あまりかけたくない方へ

投資信託会社など、
会社選定の方法がわからない方へ

空室対策や物件管理などを、
すべてプロにおまかせしたい方へ

設置例1
設置例2

Merit & Risk

不動産投資の
メリットとリスク

不動産投資のメリット

1自己資金
少なくても可能
(レバレッジが効く)

  • 自己資産を有効に運用して資産を増やしたい
  • 労働収入以外の収入を増やして、老後資金を蓄えたい

投資信託や株式投資の場合、ご自身の資産を元手として運用していくため、始める際にまとまった資金が必要です。不動産投資の場合、物件購入費用を融資で借り入れて始めることができるので、物件購入費用の全額を持っていなくても始めることができます。

2賃料値下がり率
比較的緩やか

株式やFXの場合、景気変動など外部要因によって価格変動が激しく、その分リスクが高かったり、常に市場を気にしておくなどの手間がかかります。
不動産投資の場合、物件の賃貸収入によって収益を上げますが、賃貸物件の家賃は景気による価格変動が緩やかです。
(家賃7万円の物件が急に5万円になるといった急激な変動はほとんどありません。)

3融資条件により
団体信用生命保険つき

住宅用の不動産購入と同じく、団体信用生命保険をつけることで、ご自身に万が一のことがあった場合でも、家族に残りのローン支払いを残すことなく賃貸収入という資産を残すことができます。
ご家族のための保険代わりとしてお考えいただけます。

4ローン返済期間が終われば
全額資産形成

物件購入時の融資についてローン返済が完了した後に発生する賃貸収入については、全額資産となります。

5建物減価償却による
税金控除

購入物件を減価償却として処理できますので、会社員の所得税や個人事業主の事業税から控除することが可能です。他の投資方法と比較して、節税効果が大きいと言えます。

6相続対策として、
相続時資産の評価減

ご家族に相続をされる際に、金融資産では100%相続資産と評価されるのに比べて、不動産の場合は、40〜60%程度評価減となり、相続対象資産額を減らすことができます。さらに、ローン残がある場合には、ローン金額を相続対象額から差し引くことができます。

現金1億円と1億円の不動産所有の場合の相続税比較
現金1億円と1億円の不動産所有の場合の相続税比較

※税金に関する詳細は、最寄りの税務署もしくは、税理士にご確認下さい。

現金よりも不動産を所有している方は、相続税が約620万円安くなることになります。
不動産取得は相続税の納税額を少なくする対策にも有効となっています。

不動産投資のリスク

1空室リスク

メリットの多い不動産投資ですが、投資であるためリスクもあります。
不動産投資の主なリスクは、「空室リスク」です。
購入した物件が空室対策も実施せず、賃貸収入が長期間発生しない場合、事前にシミュレーションした収支通りになりません。空室対策を実施し、長期満室にできる不動産管理会社の選定も非常に重要になってきます。

事前の収益シュミレーション
事前の収益シュミレーション

このように、空室が続くとその期間に、ローンの支払や管理費用のみが発生してしまい、
収益がマイナスになってしまうリスクがあります。
不動産投資で、最も避けるべきリスクが「空室リスク」であると言えます。

矢印
2Line2

の不動産投資は

\ 空室対策&物件管理に強い! /

1

空室リスクを極限まで抑える

不動産投資で最も避けるべき「空室リスク」を避け、常に満室を維持してくれる
不動産会社を探すことが、不動産投資成功のポイントです。
2Line2では、利回りの良い物件をご紹介するだけでなく、
購入後の物件管理までサポートすることで、空室リスクを最小に抑えることが可能です。

空室リスクを極限まで抑える
空室リスクを極限まで抑える

なぜ2Line2は空室対策力があるのか?

2Line2の特徴を詳しく

2

コストカットを徹底する

さらに、空室対策だけではなく、物件管理におけるコストカットのノウハウも豊富で、
収益率を上げるために重要な「物件管理費の抑制」も積極的にご提案させていただきます。

コスト削減前と比較!
コスト削減前と比較!

物件管理コストを抑えるポイントとは?

収益率を上げるポイントを詳しく

2Line2実証データ 実証データ

利回り

平均7.5%

目安6~9%

入居率

平均96%

空室から
入居までの期間

平均2ヶ月

利回り:2020年4月30日現在 / 入居率:2020年5月22日現在
※数値はエリアや築年数、物件構造により異なります

2Line2実績 実績

成約件数

累計655

(住宅用・投資用含む)

取引金額 実績100億円超

管理物件数

累計329

内、売買以外で他社管理から
弊社管理に変更いただいた物件
175

2020年5月22日現在

Contact person introduction

担当者のご紹介

担当者のご紹介

井口 忠二Tadaji Inoguchi

井口 忠二 実績
井口 忠二 実績
出身校 西南学院高校
明治大学
グロービス経営大学院
資格 公認不動産コンサルティングマスター(国土交通大臣免許)
MBA(経営学修士)
宅地建物取引士
AFPファイナンシャルプランナー
相続対策専門士
相続診断士
相続士
不動産キャリアパーソン
講師実績 宅建登録実務法定講習 講師
不動産セミナー 講師
(金融庁・消費者庁後援 NPO法人日本FP協会主催)
福岡市スタートアップカフェ コンシェルジュ
(ベンチャー企業相談員)
趣味 剣道 錬士六段

Message

はじめまして。株式会社アスパートナーの井口 忠二(いのぐち ただじ)と申します。
この度は、本ページにアクセスいただきましてありがとうございます。
弊社は、お客様の不動産に対する悩みにワンストップで解決するサービスを提供しております。
15年間、売買仲介・賃貸管理・相続対策・有効活用の業務を担当してきました。

お客様から「不動産のことはわかりずらい」「自分に合った選択肢が分からない」「信頼できる担当かを見極めるが難しい」というご意見を多数いただきます。情報の非対称性が非常にあり、真にお客様にとって何が最適な決断かをサポートすることが我々不動産会社の使命だと感じています。
そのためには、私どもが日々最新知識の習得に努め、スキルをリニューアルし、実践に活かしていくことで、お客様に不動産から生じる価値の最大化を提供できると確信しています。

スピーディ―な業務対応と実績で、信頼を積み重ねていきながら社員一同精進していきたいと思っております。人生の選択における重要な意思決定である不動産の購入・管理・売却に関して、お悩みがございましたら、弊社アスパートナーへ何なりとご相談をいただければ幸いでございます。
今後ともお客様と共に、不動産における資産構築を目指して参ります。